アプローチ

マッターホルン・ゴッタルゴ鉄道のツェルマット駅を出てロータリーと道路を渡り、ゴルナーグラート鉄道のツェルマット駅へ。列車は通常、団体ツアー・個人ともに自由席なので、進行方向の右列(マッターホルン側)座席が人気ですが、スイス第二位の高峰ドム 4545mヴァイスホルン 4505mリンプフィッシュホルンは、左列座席からの方が撮りやすいです。ハイキングの起点、ローテンボーデン (Roten Boden) まではツェルマットから37分、ゴルナーグラートから5分乗車。

コース概要

スイスといえば、山上湖に映る逆さマッターホルンをご想像される方がいらっしゃることでしょう。ツェルマットの代名詞的なその湖はリッフェルゼーと呼ばれ、全長約2.3km、標高差230mの初心者向きハイキングコースの途中に位置します。あまりに有名なのと、グリンデルワルトやシャモニと比べて各種ツアーが他コースに分散しないため、午前10時台は紅葉シーズンの谷川岳と同じく、登山道が渋滞しやすいです。午後はツアーが入ってこないので、喧騒から逃れるには良いですが、マッターホルンは午後雲に入ることが多いです

マッターホルン ヘルンリ陵

リッフェルゼーより、マッターホルンのヘルンリ陵を遠望

出発点のローテンボーデンとはドイツ語で「赤い大地」の意味。付近に転がっている堆積岩(頁岩/シェール)は太古の昔、強い変成を受け海底から隆起したもの。平たくスパッと割れやすいために、ツェルマットの古い木造住宅では現在でも、屋根瓦として岩が利用されています

駅を出るとすぐハイキングコースが始まります。ローテンボーデン駅自体は岩で出来た台地の上に建っており、下には雪解け水で出来た山上湖が2つあるため、まずはその湖に向かって入り混じった踏み跡を辿り、斜面を下りて行きます。時期によってはコケマンテマ、イワダイコンソウや春リンドウ(スプリング・ゲンティアン)が群生していますので、踏み荒らさないように注意しましょう。

最初に現れる山上湖(駅からみて手前側)は地図によって「Riffelsee」と記されていますが、雑誌やTVで紹介される「本物」リッフェルゼーはさらに先ここでは、スイス最高峰のモンテローザが逆さに映ります。1つ目の山上湖の横に隣接する2つ目(奥側)の湖はコバルトブルーを帯びており、溶け出した岩質によって色が異なるものと思われます。なお、2つ目の湖の湖岸から奥に進んだところにゴルナー氷河を見下ろすビューポイントがあり、ほとんど知られていません。

「本物」リッフェルゼーへは1つ目の山上湖を回りこみます。右岸斜面を水平にトラバースする道、右岸の湖面近くを歩く道、左岸を辿る踏み跡(残雪・泥濘に注意)があり、どれを辿ってもリッフェルゼー手前で合流します。右岸側からは湖の上に巨大な岩山を見ることができ、時々そこを登るクライマーの姿も捉えられます。岩山はリッフェルホルン 2928m と呼ばれ、マッターホルンにアタックする前のテスト登山として、山岳ガイドがお客様を連れて登ることがあります。

しばし歩くとリッフェルゼーに到着。逆さマッターホルンが眺められる条件ですが、

  • 風がないこと。少しでも湖面が波立つと、反射した光が撹乱されて映りません。富士山の新七合目に近い標高2750mのため、無風の時は意外と少ないです。
  • 残雪が溶けていること。かなり標高が高いため、多雪だった2012年を例にとると、6月中旬まで残雪に埋もれていました。
満開のコケマンテマダンブランシュと登山道ブライトホルンとクラインマッターホルンスプリング・ゲンティアン左上:コケマンテマ 右上:ハイキングコース 左下:ブライトホルン 右下:春リンドウ

リッフェルゼーで道は二手に分かれます。ローテンボーデンから来て右方向へ折れる小径は近道で、徒歩30分弱でハイキング終点のリッフェルベルクへ到達。折れずに真っ直ぐ進むと地図上では迂回となり、マッターホルンを正面に50分程度ハイキングを楽しめます。リッフェルゼーからやや急な坂を下りていくと、今までリッフェルホルンに隠れて見えなかった重量感のある雪山、ブライトホルン 4164m と、標高 3883m の黒い岩峰にロープウェイ駅と展望台をもつクラインマッターホルン(小さなマッターホルン)が現れます。本コースから見るとマッターホルンに形が似ており、山名の由来に頷けるでしょう。

やがて360°展望が開け、ダンブランシュから尖峰ヴァイスホルン 4505m に続く荒々しい山々と、スイス第二位の高峰ドム 4545m魚の背びれに似た岩峰リンプフィッシュホルン 4199m に囲まれたプロムナード(散歩道)。小さなアップダウンを繰り返しながら標高を下げつつ、最後の急坂を慎重に下ると林道となり、リッフェルベルクに到着。

ひとくちメモ

  • 本コースは「スイス・トップウォーク」の一部なので、その標識 (Swiss Topwalk) にしたがえば安心。
  • ツェルマット駅は7~8月の朝8時、ローテンボーデンは朝10時に混雑しやすい。
  • 他コースに比べ標高が高いため、風があり残雪が遅くまで残る。
[+] 行きたい場所に追加

Grindelwald / グリンデルワルト

アイガーウォーク

放牧地
草原
鉄道
標高 2300m

Zermatt / ツェルマット

マッターホルン ヘルンリ小屋

高山帯
岩場あり
標高 3000m

ローテンボーデン~リッフェルベルク

高山帯
草原
鉄道
標高 2800m